ジュエリー専門情報誌:JAPAN PRECIOUS(ジャパン・プレシャス) (株)矢野経済研究所
JAPAN PRECIOUS ジャパン・プレシャス
宝飾業界ニュース 購読お申込み お問合せ
HOME

CONTENTS
最新号のご案内

バックナンバー

宝飾業界ニュース

宝飾マーケティング

展示会・イベント

宝飾関連サイト

宝飾業界人材募集
FOREIGN LANGUAGE
English版

Chinese版
INQUIRY
購読お申込み

メルマガお申込み

メルマガ解除

宝飾業界ニュースリリース受付

お問合せ

宝飾業界ニュース
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2018年04月16日
【2018年04月16日】

スワロフスキー・ジェムストーンズ 2018/19の新作を発表

120年以上もの歴史を持つスワロフスキーは、50年以上前に精密カット技術を活かし、天然石と合成石のカットに着手。貴石の天然サファイア、天然トパーズ、合成のジルコニア、そのいずれであってもスワロフスキーの宝石は個々に芸術的な美しさを有し、カット、カラー、輝きにおいて業界の厳しい基準を満たしている。スワロフスキー・ジェムストーンズは、ジュエリー協議会(RJC)の認定メンバーとして、宝飾、時計、アイウェア、その他関連産業のメーカーや多くのデザイナーに愛用されている。

2018/19の新作 スワロフスキーの天然トパーズ:スワロフスキーのナチュラル・ブリリアンス・カット・トパーズの輝きは、フラウンホーファー協会(欧州最大のアプリケーション指向型研究機関)から認知されており、その輝きは標準的なラウンドスターカットよりも優れていることが証明されている。また、スワロフスキーの天然トパーズは、オーストリアで特許が取得されているスワロフスキーサーマルカラーフュージョンという独自のカラートリートメントにより、他にはない幅広いカラーを取り揃えている。

今シーズン、スワロフスキーから天然トパーズの新しいカラーシェードを提案する。 スワロフスキーは、ピュア・ブリリアンス・カットによってジルコニアの新基準を打ち立てている。GIA(米国宝石学会)のダイヤモンドカット基準を適用することで、劇的に輝きを増した新世代のジルコニアが誕生。ひとつひとつの石に施されたSWAROVSKI ZIRCONIAのレーザー刻印は正真正銘スワロフスキー社のジルコニアである証。 今シーズン、スワロフスキーはジルコニアの5つの新しいカット/カラーを提供する。

[問い合わせ先]
シグニティ・ジャパン㈱
URL:https://www.swarovski-gemstones.com
右<ファンシーモルガナイト(新色)>: 女性を美しくするもの、輝き・愛・楽観を体現したピンクカラーは心を喜びで満たしてくれる。 温かな赤みがかったトーンで、自然な女性らしさを演出。
左<ピーチ(新色)>:太陽の日差しを浴びたやわらかいピーチのような繊細な色味は、心に前向きな希望や温かな思いやりの感情を呼び起こし、トレンドのパステルカラーとパーフェクトにマッチ。
右<ラウンド・チェッカーボード・カット(新カット)>:レトロの美学からインスピレーションを受け、古典的なラウンドストーンに幾何学的なひねりを加えている。時を越えた現代の古典とも言えるこの革新的なカットは、一瞬にして魅了される光の饗宴を演出する。
左<スプリンググリーン(新色)>:ファセットから溢れ出る力強い生命の色、春の息吹を感じさせるグリーンカラーは新色のファンシーモルガナイトにもパーフェクトにマッチする。
右<リキッド・カット(新カット)>:流体の動きからインスピレーションを得て、滑らかでファセットがなく、まるでカボションのような風合いのカット。水滴のように独特の柔らかい反射で輝くリキッド・カットは3タイプのカットと5つのカラーで展開。
左<オクタゴン・サン・カット(新カット)>:精密にカットされた73面のファセットから放たれる強い輝きは、まるで驚異的な光のショーを見るよう。8角のデザインはファッションやインテリアで用いられる8角形の雰囲気を反映し、対称性の調和を見出す。
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2018年04月16日
ページトップへ
プライバシーポリシー Copyright © Yano Research Institute Ltd. All rights Reserved.
プレシャスWebマガジン
Venus Jewel
The Gemmological Association of Great Britain
SEPTEMBER Hong Kong Jewellery & Gem Fair
本サイトのコンセプト
  1. ジャーナリスト精神に基づき広告・宣伝に終始せず、事実を公正に掲載します。
  2. 常に最新の情報をアップします(基本は毎日更新、最低週1回の更新)。
  3. ジュエリー業界のポータル(入口)サイトとして多くのページへリンクします。

ツイート   Facebook