ジュエリー専門情報誌:JAPAN PRECIOUS(ジャパン・プレシャス) (株)矢野経済研究所
JAPAN PRECIOUS ジャパン・プレシャス
宝飾業界ニュース 購読お申込み お問合せ
HOME

CONTENTS
最新号のご案内

バックナンバー

宝飾業界ニュース

宝飾マーケティング

展示会・イベント

宝飾関連サイト

宝飾業界人材募集
FOREIGN LANGUAGE
English版

Chinese版
INQUIRY
購読お申込み

メルマガお申込み

メルマガ解除

宝飾業界ニュースリリース受付

お問合せ

宝飾業界ニュース
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2018年04月11日
【2018年04月11日】

「第30回公募 2018日本ジュエリー展」大賞決定、入賞・入選作品展覧会開催

1965年より隔年で開催を続けてきた日本ジュエリー展は、今回で30回目を迎える。ライフスタイルの変遷とともに、ジュエリーのもつ役割も変化してきている。その中で、本展は時代にあったジュエリーの可能性を引き出すとともに、ジュエリー作家の登竜門として、多くのアーティストを輩出している。

今回は、応募総数305名、645点の応募があった。大賞受賞作品は、銀、パラジウム、赤銅、18金という金属素材が、象嵌と鏨を駆使されてリズミカルな表情を見せ、はり合わせ技法によりつくられたフォルムのつながりが、完成度の高いジュエリーとなっている。そして、パール、キュービックジルコニアが加わることで、高いファッション性を持ち、大人のジュエリーとして楽しめる要素が強く引き出されている。豊かなセンスと遊び心が高い技術力で表現された作品である。
また、受賞はじめ入選作品は、広く一般の人々に向けて展覧展を実施し、ジュエリーをとおして人々の豊かな生活文化の向上に寄与するとともに、教育、産業界へ優れた次代デザインを提案していく。

<審査結果>

■応募者 305名 内訳:一般部門119名/under26部門61名/JJDA会員部門125名 総点数 645点

■入選者 239名 内訳:一般部門72名/under26部門49名/JJDA会員部門118名  総点数 571点

■入賞 入選239名の中から大賞1名、優秀賞2名、under26部門賞1名、招待審査員賞3名、奨励賞5名、特別賞1名 計13名が受賞。

<授賞式・展覧会開催概要>

■授賞式 日時 平成30年6月16日(土)16:00~16:30  会場 東京都美術館 1階 第4展示室

■会場会期 
東京都美術館 1階 第4展示室
2018年6月16日(土)~6月21日(木)9:30~17:30(入場は17:00迄、最終日13:00迄 入場は12:30迄)
6月18日(月)休館日
東京都台東区上野公園8-36 TEL03-3823-6921

■入場料 一般500円 学生300円

■展示内容 入賞及び入選作品 239名、571点
※同時併設展 ジュエリーとそのデザイン創作の源を表現する会員18名の作品も展示。

■主催 公益社団法人日本ジュエリーデザイナー協会
■後援
 経済産業省
 文化庁
 公益財団法人日本デザイン振興会
 一般社団法人日本ジュエリー協会
 公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会
 公益社団法人日本クラフトデザイン協会
 公益社団法人日本インテリアデザイナー協会
  公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会
 公益社団法人日本サインデザイン協会
 一般社団法人日本空間デザイン協会
 公益社団法人日本パッケージデザイン協会
 一般社団法人総合デザイナー協会
 日本経済新聞社

■協賛
 栄光時計株式会社
  東京貴宝株式会社
 学校法人水野学園専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ

 



 

[問い合わせ先]
(公社)日本ジュエリーデザイナー協会 事務局 植原志乃
TEL:03-3523-7344  
E-mail:sec2@jjda.or.jp
第30回公募2018日本ジュエリー展 大 賞
松本 のりこ/MATSUMOTO Noriko (JJDA会員部門)
ネックレス 素材 ゴールド(K18)・パラジウム・シルバー・キュービックジルコニア・真珠
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2018年04月11日
ページトップへ
プライバシーポリシー Copyright © Yano Research Institute Ltd. All rights Reserved.
プレシャスWebマガジン
Venus Jewel
The Gemmological Association of Great Britain
SEPTEMBER Hong Kong Jewellery & Gem Fair
本サイトのコンセプト
  1. ジャーナリスト精神に基づき広告・宣伝に終始せず、事実を公正に掲載します。
  2. 常に最新の情報をアップします(基本は毎日更新、最低週1回の更新)。
  3. ジュエリー業界のポータル(入口)サイトとして多くのページへリンクします。

ツイート   Facebook