ジュエリー専門情報誌:JAPAN PRECIOUS(ジャパン・プレシャス) (株)矢野経済研究所
JAPAN PRECIOUS ジャパン・プレシャス
宝飾業界ニュース 購読お申込み お問合せ
HOME

CONTENTS
最新号のご案内

バックナンバー

宝飾業界ニュース

宝飾マーケティング

展示会・イベント

宝飾関連サイト

宝飾業界人材募集
FOREIGN LANGUAGE
English版

Chinese版
INQUIRY
購読お申込み

メルマガお申込み

メルマガ解除

宝飾業界ニュースリリース受付

お問合せ

宝飾業界ニュース
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2018年06月08日
【2018年06月08日】

イスラエルダイヤモンド取引所が関わりダイヤモンドをコモディティ化

~ビットコインなど仮想通貨が注目される中、ダイヤモンドもついにコモディティ化の波が押し寄せている。CARATトークンと名付けられた新通貨は、新しく設立されたイスラエルのベンチャー企業、Carats.io社が管理・運営をする。
具体的には保証された実在するダイヤモンドのトークン(代用貨幣)をエンドユーザが取引できる銀行外市場を創設、ダイヤモンドをプロでなく一般ユーザーも購入できるようにすることで、流動性が高く、価格変動の低いアセットベースのCARATトークンとなる。
Carats.io社はプロ以外に見つけ出すのが困難な個々のダイヤモンドの購入は容易になるだけでなく、買い付けに必要な過度な資金に頼ることなく、実在のダイヤモンド市場をベースとした全く新しいダイヤモンドの金融市場を作ることができるとする。
また安定して透明性が高く、流動的に取引できる上、認定された本物のダイヤモンドに裏付けられたデジタルな価値をつくりだすものとしている。CARATトークンは常に等価交換が可能で、いつでもGIAが認証した本物のダイヤモンドと交換可能である。
このCARATトークンには、イスラエルダイヤモンド取引所:Israel Diamond Exchange (ISDE)がコンプライアンスとダイヤモンドの専門性に関する設計に関わり、ダイヤモンド価格指数に関するコンサルティングを行っている。
 

東京で開催された世界の3つの新ビジネスに選出されセミナーが行われた
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2018年06月08日
ページトップへ
プライバシーポリシー Copyright © Yano Research Institute Ltd. All rights Reserved.
プレシャスWebマガジン
Venus Jewel
The Gemmological Association of Great Britain
HKTDC Hong Kong International Jewellery Show
Malaysia International Jewelry Festival
Jewellery - 6J Jewellery - 6J
本サイトのコンセプト
  1. ジャーナリスト精神に基づき広告・宣伝に終始せず、事実を公正に掲載します。
  2. 常に最新の情報をアップします(基本は毎日更新、最低週1回の更新)。
  3. ジュエリー業界のポータル(入口)サイトとして多くのページへリンクします。

ツイート   Facebook