ジュエリー専門情報誌:JAPAN PRECIOUS(ジャパン・プレシャス) (株)矢野経済研究所
JAPAN PRECIOUS ジャパン・プレシャス
宝飾業界ニュース 購読お申込み お問合せ
HOME

CONTENTS
最新号のご案内

バックナンバー

宝飾業界ニュース

宝飾マーケティング

展示会・イベント

宝飾関連サイト

宝飾業界人材募集
FOREIGN LANGUAGE
English版

Chinese版
INQUIRY
購読お申込み

メルマガお申込み

メルマガ解除

宝飾業界ニュースリリース受付

お問合せ

宝飾業界ニュース
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2018年12月18日
【2018年12月18日】

欠けた宝石を再利用!逆転の発想で宝石の新たな使い道を。

株式会社ナヴィエ(本社:山梨県甲府市、代表取締役:今村 勇治、担当者:今村 圭佑)は、ジュエリーを作成する際に、職人が誤って欠けさせてしまった宝石を再利用し、その宝石を世に広めるための活動として、2018年12月からクラウドファンディングサイト、キャンプファイヤーの「ファンクラブ」を活用し、資金調達を開始した。今まで処分されてきた宝石だが、ジュエリーとして使われるはずだった宝石なので綺麗なものばかり。毎月1,000円で1石以上の宝石を送っていき、たくさんの方に宝石を届けていくことで再利用の形を広げていく。

クラウドファンディングURL:https://camp-fire.jp/projects/view/108122

■クラウドファンディング(ファンクラブ)実施の背景
今回、クラウドファンディングを開始したきっかけは、ジュエリー職人が石を割ってしまい、その宝石をどうすることもできずに処分しなければいけない、そのような瞬間を目の当たりにしたことだった。宝石は、指輪やペンダントなどの高級なものに使用され、少しの欠けも許されない。石を修復する作業もできるが、その作業にまた費用がかかってしまうため、欠けた宝石は捨てられ、新しい宝石を使うという、勿体無いサークルができてしまっていた。そのような宝石たちをなんとか再利用できないかと考え、今回のクラウドファンディングで、この欠けた宝石をたくさんの方に届けていく活動を始めた。

■前回のクラウドファンディングでは【7,602,184円】を調達
前回のクラウドファンディングは2018年10月5日に募集を開始し、1,212人の支援により7,602,184円の資金を集め、2018年11月11日に募集を終了。多くの人に宝石を送ることができ、大きな反響を得ている。
今後も継続して多くの人に宝石を届けていくため、クラウドファンディングサイト、キャンプファイヤーのファンクラブの制度を活用し、毎月1,000円で欠けた宝石を毎月1石以上送る活動を始めた。多くの人に宝石を送り、それぞれ自由に再利用の形を広げてもらう、そんな形を広めていく。

■活動の輪を広げていくためFACEBOOKコミュニティを活用
FACEBOOKコミュニティでは欠けた宝石を再利用した作品を共有したり、宝石の知識の情報交換。そして活動報告などを主にしている。そして実際にLIVE配信をFACEBOOKコミュニティ内で行い、様々な宝石をメンバーに見せ、宝石の魅力を伝えている。

■クラウドファンディング(ファンクラブ)概要
プロジェクト名:欠けた宝石に新たな居場所を。-デザインアトリエ カケラ-
現時点での支援金額 :247,000円(2018年12月14日現在 支援人数242人)
調達期間 :2018年12月14日~

■FACEBOOKコミュニティ概要
コミュニティ名:デザインアトリエ カケラ
代表者名:今村 圭佑
コミュニティメンバー数:529名(2018年12月14日現在)
https://www.facebook.com/groups/233206387244848

 

[問い合わせ先]
株式会社ナヴィエ
TEL:080-3256-6794  
E-mail:ksk0111.01@gmail.com
担当者:今村 圭佑
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2018年12月18日
ページトップへ
プライバシーポリシー Copyright © Yano Research Institute Ltd. All rights Reserved.
プレシャスWebマガジン
Venus Jewel
The Gemmological Association of Great Britain
SEPTEMBER Hong Kong Jewellery & Gem Fair
Hong Kong International Jewellery Show
本サイトのコンセプト
  1. ジャーナリスト精神に基づき広告・宣伝に終始せず、事実を公正に掲載します。
  2. 常に最新の情報をアップします(基本は毎日更新、最低週1回の更新)。
  3. ジュエリー業界のポータル(入口)サイトとして多くのページへリンクします。

ツイート   Facebook