ジュエリー専門情報誌:JAPAN PRECIOUS(ジャパン・プレシャス) (株)矢野経済研究所
JAPAN PRECIOUS ジャパン・プレシャス
宝飾業界ニュース 購読お申込み お問合せ
HOME

CONTENTS
最新号のご案内

バックナンバー

宝飾業界ニュース

宝飾マーケティング

展示会・イベント

宝飾関連サイト

宝飾業界人材募集
FOREIGN LANGUAGE
English版

Chinese版
INQUIRY
購読お申込み

メルマガお申込み

メルマガ解除

宝飾業界ニュースリリース受付

お問合せ

宝飾業界ニュース
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2020年09月08日
【2020年09月08日】

令和2年度山梨県ジュエリーマスター認定制度 認定試験・受験者募集

   貴金属製装身具製品出荷額の約2割を占める国内有数のジュエリー産地、山梨県。ジュエリー産業従事者の資質向上と社会的評価を高めることを目的として、「山梨県ジュエリーマスター認定制度」を平成元年に創設。宝石加工・宝飾デザイン・宝飾加工(金属加工)の3つのジュエリー制作分野で、一定基準以上の技術を持つ者を、山梨県知事が認定する制度である。上級の称号である「ジュエリーマスター」は後輩の指導ができ、独自の判断で業務を遂行できる人を意味する。

マスター取得者について、山梨県では国内外への情報発信を幅広く行っている。
■「職人の流儀」掲載
一流のジュエリー職人を発信する山梨県HP「職人の流儀」(https://www.pref.yamanashi.jp/chiikisng/shokuninryugi/index.html)にプロフィールや作品を掲載。
■ミュージアムで展示
山梨県ジュエリーミュージアムで作品を展示。県内外からの来場者に作品を知ってもらうことができる。
■県公報によるPR
山梨県の広報誌やPR映像など、県の広報メディアでプロフィールや作品を紹介。

また、今年度から受験資格等を大幅に見直し、さらに受験しやすい制度に改定したとのこと。ぜひ、多くの方に受験していただき、ジュエリーマスターの誕生・活躍に期待したい。

【令和2年度試験について(概要)】※詳細については山梨県産業労働部産業振興課HP(https://www.pref.yamanashi.jp/sangyo-sin/jewelre_master/jewelry_top.html)を参照

<ジュエリーマスター(上級)>
・試験日:令和2年12月6日(日曜日)、7日(月曜日)
・業務名:宝石加工、宝飾デザイン、宝飾加工
・受験資格:
1.プレ・ジュエリーマスター合格後、宝石加工・宝飾デザイン・宝飾加工に関し、3年以上の実務経験を有する者
2.職業能力開発促進法に基づく1級の技能試験(貴金属装身具製作)に合格した者
3.山梨県宝石研磨技能審査実施要綱に基づく1級の技能審査に合格した者
4.伝統的工芸品産業の振興に関する法律に基づく伝統工芸士(甲州水晶貴石細工)の認定を受けた者
・試験方法 面接(学科を含む)、実技試験
・試験場所 山梨県立宝石美術専門学校

<プレ・ジュエリーマスター(中級)>
・試験日:令和2年12月6日(日曜日)、7日(月曜日)
・業務名:宝石加工、宝飾デザイン、宝飾加工
・受験資格:
1.ジュニア・ジュエリーマスター合格後、宝石加工・宝飾デザイン・宝飾加工に関し、2年以上の実務経験を有する者
2.職業能力開発促進法に基づく2級の技能検定(貴金属装身具製作)に合格した者  
3.宝石加工・宝飾デザイン・宝飾加工に関し、3年以上の実務経験を有する者
・試験方法 学科試験(筆記)、実技試験
・試験場所 山梨県立宝石美術専門学校

<ジュニア・ジュエリーマスター>
・試験日 令和2年12月5日(土曜日)、6日(日曜日)
・業務名 宝石加工、宝飾デザイン、宝飾加工
・受験資格 令和2年4月1日現在 満18歳以上の者
・試験方法 学科試験(筆記)、実技試験
・試験場所 山梨県立宝石美術専門学校

<試験免除について>
・前年度までの試験において、学科試験又は実技試験のどちらか一方に合格している者(以下「一部合格者」と言う)は、以後の試験で1回に限り、合格した試験の受験が免除される。
・平成19年度から前年度までの試験において、ジュニア・ジュエリーマスターの学科試験に合格している者は、以後ジュニア・ジュエリーマスターの別業務を受験する場合、学科試験が免除される。
・同様に、平成19年度から前年度までの試験において、プレ・ジュエリーマスターの学科試験に合格している者は、以後プレ・ジュエリーマスターの別業務を受験する場合、学科試験が免除される。
・1級技能士(貴金属装身具製作)又は1級宝石研磨士に合格している者、若しくは伝統工芸士(甲州水晶貴石細工)の認定を受けた者は、実技試験が免除される。

<合格発表、認定証の交付>
・合格者及び一部合格者は、令和2年12月11日頃にホームページ(https://www.pref.yamanashi.jp/sangyo-sin/jewelre_master/jewelry_top.html)で発表するとともに、合格者あてに通知する

<募集要項>
より詳細な内容については下記の募集要項を参照のこと
↓↓
https://www.pref.yamanashi.jp/sangyo-sin/jewelre_master/documents/r2bosyuyoko.pdf

<受験手数料>
・学科(面接)3,000円 実技6,100円 計9,100円

<出題範囲>
下記のPDFファイルを参照
↓↓
https://www.pref.yamanashi.jp/sangyo-sin/jewelre_master/documents/h29syutudaihani.pdf

【問い合わせ先】
山梨県産業労働部産業振興課
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)8871   ファクス番号:055(223)1547

 

 

 

 

 

宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2020年09月08日
ページトップへ
プライバシーポリシー Copyright © Yano Research Institute Ltd. All rights Reserved.
プレシャスWebマガジン
The Gemmological Association of Great Britain
Jewellery & Gem WORLD Hong Kong (JGW)
本サイトのコンセプト
  1. ジャーナリスト精神に基づき広告・宣伝に終始せず、事実を公正に掲載します。
  2. 常に最新の情報をアップします(基本は毎日更新、最低週1回の更新)。
  3. ジュエリー業界のポータル(入口)サイトとして多くのページへリンクします。

ツイート Facebook