ジュエリー専門情報誌:JAPAN PRECIOUS(ジャパン・プレシャス) (株)矢野経済研究所
JAPAN PRECIOUS ジャパン・プレシャス
宝飾業界ニュース 購読お申込み お問合せ
HOME

CONTENTS
最新号のご案内

バックナンバー

宝飾業界ニュース

宝飾マーケティング

展示会・イベント

宝飾関連サイト

宝飾業界人材募集
FOREIGN LANGUAGE
English版

Chinese版
INQUIRY
購読お申込み

メルマガお申込み

メルマガ解除

宝飾業界ニュースリリース受付

お問合せ

宝飾業界ニュース
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2020年09月16日
【2020年09月16日】

クロスフォー、ジュエリー専門の抗ウイルス・抗菌コーティングを新開発

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、ジュエリーを身につけることに不安を感じる女性が増えているという。そんな中、株式会社クロスフォー(本社:山梨県甲府市、代表取締役社長:土橋 秀位、東証ジャスダック上場・証券コード 7810)が、ジュエリー専門の抗ウイルス・抗菌コーティング【VIRUS BLOCK™】を開発した。

新型コロナウイルスにより、マスク、手洗い、除菌が欠かせない”新しい生活様式”へと変化。 また、新しい生活様式によって在宅時間が増えたことで、メイクやジュエリーをしなくなったという声も多い。 ジュエリーを身につけなくなった主な理由は『外出する機会が減ったため』であるが、そのほかは 「毎日ジュエリーを拭くのが面倒くさい」 「衛生面で手指に何かをつけるのが不安になった」 「消毒でジュエリーが傷むのでしなくなった」というような【衛生面への不安】が多く聞かれている。

新型コロナウイルスに関してはまだ研究結果が十分ではないが、ウイルスが物質に付着した場合、数時間~数日間はその感染力を維持するともいわれ、その不安を解消するための抗ウイルス・抗菌商材やサービスが注目されている。 ウイルスが付着する可能性は、もちろんジュエリーも例外ではないという。 例えば、医療関係者が作業にあたる際、ジュエリーを身につけないことが多いのは汚染源となる可能性があるため。 そのことを考えると、お気に入りのジュエリーそのものがウイルス被害を拡大させてしまう恐れがあるのかもしれない。

衛生面からジュエリー着用に対する不安を感じる一方で、 「おしゃれを楽しむ気持ちは忘れたくない」「コロナで閉塞感がある中で、ジュエリーは日常に変化を持たせてくれる」「おしゃれを楽しむことがストレス発散にもなる」 という声も。
そこで㈱クロスフォーは、㈱ハドラスとの共同開発でジュエリーの抗ウイルス・抗菌コーティング剤【VIRUS BLOCK HardoLass™】を開発。 今後、クロスフォー社商品はすべて抗ウイルスコーティングを行うほか、他社商品のOEM、コーティング受注も可能となっている。

【商品特徴】
<特徴>抗ウイルス・抗菌効果。
アルカリ性の人体に無害な抗ウイルス・抗菌成分と高純度のガラス被膜により、様々なウイルスや菌、汚れがつきにくく、悪臭の原因となる雑菌の繁殖を防ぐ。

<抗ウイルス・抗菌>一般的なウイルス・菌が定着しにくい。↓↓
https://crossfor.co.jp/wp/wp-content/uploads/2020/09/virusblock_cf.pdf

<防汚>高純度のガラス被膜により、指紋や皮脂などの汚れが付きにくく、お手入れも簡単。

<変色防止>金属を酸化から守り、変色しにくい。

<品質保持期間>5年間

オンラインショップでの抗ウイルス加工ジュエリーの購入はこちら↓↓から
https://crossfor.shop/

【問い合わせ先】
クロスフォー商品管理部
担当:渡邊
TEL:055-232-9645(商品管理部直通)
Mail:info03@crossfor.co.jp

 

VIRUS BLOCK HardoLass™とは、㈱クロスフォーと㈱ハドラスが共同開発したジュエリー専門の抗ウイルス・抗菌コーティング剤。
VIRUS BLOCK™とは、VIRUS BLOCK HardoLass™を使用し、㈱クロスフォーが独自開発したジュエリー専門の抗ウイルス・抗菌コーティング技術。
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2020年09月16日
ページトップへ
プライバシーポリシー Copyright © Yano Research Institute Ltd. All rights Reserved.
プレシャスWebマガジン
The Gemmological Association of Great Britain
Jewellery & Gem WORLD Hong Kong (JGW)
本サイトのコンセプト
  1. ジャーナリスト精神に基づき広告・宣伝に終始せず、事実を公正に掲載します。
  2. 常に最新の情報をアップします(基本は毎日更新、最低週1回の更新)。
  3. ジュエリー業界のポータル(入口)サイトとして多くのページへリンクします。

ツイート Facebook