ジュエリー専門情報誌:JAPAN PRECIOUS(ジャパン・プレシャス) (株)矢野経済研究所
JAPAN PRECIOUS ジャパン・プレシャス
宝飾業界ニュース 購読お申込み お問合せ
HOME

CONTENTS
最新号のご案内

バックナンバー

宝飾業界ニュース

宝飾マーケティング

展示会・イベント

宝飾関連サイト

宝飾業界人材募集

プレシャスWebマガジン
FOREIGN LANGUAGE
English版

Chinese版
INQUIRY
購読お申込み

メルマガお申込み

メルマガ解除

宝飾業界ニュースリリース受付

お問合せ

宝飾業界ニュース
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2021年02月19日
【2021年02月19日】

『Cartier(カルティエ)』によるオンラインイベント、"Santos Lab"開催。2月19日(金) 20時より配信


1904年に生まれ、現在まで展開が続く「サントス」コレクションは、『Cartier(カルティエ)』の3代目当主のルイ・カルティエと、ブラジル人飛行家、アルベルト・サントス=デュモン―大胆な精神をもったパイオニアである二人の出会いから誕生。カルティエの革新性とパイオニア スピリットを象徴するコレクションになっている。

"Santos Lab"は、ルイ・カルティエとアルベルト・サントス=デュモンの出会いと友情から生まれたクリエイティビティの背景をなぞり、日本におけるイノベーターやクリエイターとアイデアを生み出す機会を創出するためのワークショップとして、2018年より開催。
2021年は"Santos Lab"初となるオンライン イベントを企画しており、このプロジェクトのパノラマティクスである齋藤 精一氏と、ライゾマティクス真鍋大度氏がホストを務める「Staying TOKYO」とのコラボレーションにより、特別なライブ配信が実現した。

今回のテーマは、「新型コロナウイルスの感染拡大により世界ががらりと変わる今、選ばれ、残り続けるものにある共通点は何か。また、それはどのように生み出すことができるのか」を考える、「時代を超えて愛されるクリエイティブとは?」になる。
スペシャルゲストはパリを拠点に活躍する建築家の田根 剛氏と、西陣織の老舗「細尾」12代目の細尾 真孝氏。2月19日(金)20:00より、twitchにてライブ配信が行われる(https://www.twitch.tv/rhizomatiks)。

 

[問い合わせ先]
Cartier(カルティエ)
URL:https://www.cartier.jp/
「Cartier "Santos Lab" with Staying TOKYO」開催概要
Talk Theme:Timeless Creativity
日時:2月19日(金) 20:00~22:00

登壇者(当日のプログラムによって登壇者が入れ替わる):
齋藤 精一氏(Panoramatiks)
真鍋 大度氏(Rhizomatiks)
宮地 純氏(Cartier JAPAN President & CEO)
細尾 真孝氏(細尾)
田根 剛氏(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)
モデレータ:九法 崇雄氏(KESIKI)

■視聴方法
twitchにてライブ配信
https://www.twitch.tv/rhizomatiks
※定刻になると配信開始。 ログインによりチャットにも参加できる。

Haw-lin Services © Cartier
「サントス ドゥ カルティエ」
1904年にルイ・カルティエが、 著名なブラジル人飛行家アルベルト・サントス=デュモンの「飛行中に時間を見たい」という願いを叶えるために考案した、世界で最初のモダンウォッチ。時代ごとに進化し、2018年に新しい「サントス ドゥ カルティエ」が誕生した。
丸みを帯びた正方形のダイアルに、調和のとれた曲線が美しいラグ、あえて見えるように配されたビスモチーフなど、オリジナルモデルの哲学を忠実に受け継いだコレクションになっている。

宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2021年02月19日
ページトップへ
プライバシーポリシー Copyright © Yano Research Institute Ltd. All rights Reserved.
Gem & Jewellery Export Promotion Council - GJEPC India
The Gemmological Association of Great Britain
Jewellery & Gem WORLD Hong Kong (JGW)
本サイトのコンセプト
  1. ジャーナリスト精神に基づき広告・宣伝に終始せず、事実を公正に掲載します。
  2. 常に最新の情報をアップします(基本は毎日更新、最低週1回の更新)。
  3. ジュエリー業界のポータル(入口)サイトとして多くのページへリンクします。

ツイート Facebook