ジュエリー専門情報誌:JAPAN PRECIOUS(ジャパン・プレシャス) (株)矢野経済研究所
JAPAN PRECIOUS ジャパン・プレシャス
宝飾業界ニュース 購読お申込み お問合せ
HOME

CONTENTS
最新号のご案内

バックナンバー

宝飾業界ニュース

宝飾マーケティング

展示会・イベント

宝飾関連サイト

宝飾業界人材募集
FOREIGN LANGUAGE
English版

Chinese版
INQUIRY
購読お申込み

メルマガお申込み

メルマガ解除

宝飾業界ニュースリリース受付

お問合せ

宝飾業界ニュース
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2007年03月07日
【2007年03月07日】

ジュエリーデザイナー水野薫子氏が、イタリアの彫刻家「ロベルト・ブリカッリ氏」の個展を開催
~“イタリアでの活動20周年記念イベント”のひとつとして~
 
1988年のミザーニでのミラノ個展から20年目、イタリアでの創作活動が20周年を迎えた水野薫子氏のギャラリー「GARLLERY KAOLVCO(ギャラリー カオルコ)」(東京都港区麻布台)にて、イタリアの彫刻家ロベルト・ブリカッリ氏の個展を開催している。ブリカッリ氏の日本での個展は今回が初めて。
 
2007年3月6日のオープニングレセプションには、ロベルト・ブリカッリ氏をはじめ、水野氏と日頃から親交の厚いイタリア商工会議所の会頭、ロマーノマズッコ氏、ヴァチカン大使館のモンセニョール、レオンカレンガ参事官、彼の作品のコレクターであるテリオ市長のピエールジョルジョ・グリッロ氏も参加するなど、国内外のゲストが多数集まり国際交流の場となった。
 
ロベルト・ブリカッリ氏は1959年タラモーナ(ソンドリオ)生まれ。幼少より美術の世界、特に彫刻に魅了され、人文学を研究後、カッカーラの工房に通い、材料やパーツを選ぶ術を習得。大理石や御影石の塊から、彼の思い描く人物像を作り上げる。1994年にミラノのアーダ・ズニーノ画廊にて作品発表活動を開始。その後、大きな彫刻作品を含めた計画を請け負う一流都市計画専門建築事務所と共同制作活動を開始。その作品は公私において所蔵、壮大なモニュメントは、サン・フランチェスコ広場やサン・マルコ広場などのイタリア国内外のオープンスペースに展示されている。
 
水野氏は「イタリアではアートもジュエリーも社会に根付いている。日本でもこうして皆さんに身近に触れていただくことによって美術やジュエリーのファンが増えることになると信じているので、これからも積極的に活動したい」とコメントした。
 
【ロベルト・ブリカッリ小品展】
会期:2007年3月6日~13日
AM10:30~PM7:30(最終日はPM5:00まで) 

【今後の水野薫子氏の新作ジュエリー新作個展】
「PORTA FORTUNA-幸運の贈り物」
5月2~3日にミラノにて。東京でのコレクションは5月24・25日に千代田区「エメ・ヴィベール」で開催される。
また、6月21~22日の創美展(株式会社ナガホリ主催)では、メインコーナーで20周年記念展示を予定している。
[問い合わせ先]
株式会社 ヴィアカオルコ
TEL:03-6229-1671   FAX:03-6229-1672
〒106-0041
東京都港区麻布台3-4-8
URL:http://www.kaoluco.com
担当者:広報担当:佐藤
オープニングに集まった方々(中央:水野薫子氏)
お祝いの言葉を述べるイタリア商工会議所会頭ロマーノマズッコ氏と水野薫子氏

左からローマ法王庁大使館(ヴァチカン大使館)のモンセニョール、レオンカレンガ参事官、彫刻家ロベルト・ブリカッリ氏、彫刻家長谷京治氏、テリオ市長ピエールジョルジョ・グリッロ氏
今回展示されているロベルト・ブリカッリ氏の作品の一部
サンマルコ広場にある作品。大理石とブロンズを使用した彫刻「ポルレッツア(コモ)」
宝飾業界ニューストップ > バックナンバー一覧 > 2007年03月07日
ページトップへ
プライバシーポリシー Copyright © Yano Research Institute Ltd. All rights Reserved.
プレシャスWebマガジン
RAPNET
The Gemmological Association of Great Britain
HKTDC Hong Kong International Jewellery Show
Malaysia International Jewelry Festival
Thailand Gems & Jewelry Fair 2017
本サイトのコンセプト
  1. ジャーナリスト精神に基づき広告・宣伝に終始せず、事実を公正に掲載します。
  2. 常に最新の情報をアップします(基本は毎日更新、最低週1回の更新)。
  3. ジュエリー業界のポータル(入口)サイトとして多くのページへリンクします。

ツイート   Facebook